カテゴリ: 永野椎菜, ES CONNEXION, II MIX ΔDELTA, ShiinaTactix, TWO-MIX, 高山みなみ

2000/08/31

パーマリンク 00:00:00, 著者: Charlie

BPM132 | TWO-MIX

  • TWO-MIX としての 1st アルバム。 「TWO-MIX らしさ」の方向性を模索する意味合いがあったようで、 JUST COMMUNICATION のノリを期待していると、 CALLIN' YOUI LOVE YOU などのバラエティに富んだ作品群に驚かされます。
  • TWO-MIX 入門には、ここから入るよりも BEST FILES の方がお勧めかもしれません。

Index

  1. JUST COMMUNICATION
  2. GOOD DANCE!!
  3. THOUSAND NIGHTS
  4. FRIEND
  5. SILENT CRUISING
  6. CALLIN' YOU
  7. DIVIN' TO PARADISE
  8. I LOVE YOU
  9. SECOND IMPRESSION
  10. YOU CAN DO IT

続きを読む »

2000/08/24

パーマリンク 00:00:00, 著者: Charlie

MEETING ON THE PLANET | TWO-MIX

「自分をとり戻す」って詞がいいですね。

続きを読む »

2000/06/15

パーマリンク 00:00:00, 著者: inray

TWO-MIXのMAG!

こんにちは。または初めまして。今週もノリノリで書かせていただきます (予定では)。
実はちょっと風邪をひきましてダウンしてましたが、心はいつも「LOVE ! TWO-MIX♥」
それではいってみましょう!

OP

今週はOPからハイブロウ。 みなみサンの「こんばんわー」という一言から始まったんですが、 いきなり椎菜くんが「菊池桃子っぽい」といい始め、 今度はもっとそれっぽく「こんばんは♥」と 乗ってしまったみなみサン。 椎菜くん大喜びで「菊池桃子度 75%」と評価してました。 みなみサンも次回は120%を目指すと豪語してました。…審査基準がわからんところがヨシ!
やっぱりみなみサンは色っぽい声出したら一番ネ!! 個人的にはコナンちゃんの声とかも大好きだけど。

続きを読む »

2000/06/07

パーマリンク 00:00:00, 著者: inray

TWO-MIXのMAG!

えーと、はじめまして。私今週から MAG! のレポートを書かせていただくことになりました。 文章はあまり得意ではないんですが、文化放送の聞けない地域の皆さんのために頑張りますので、 これからどうかよろしくっす!

OP

二人のトークから。6月に入ったことにちなんで梅雨の話に始まり、なぜか通販の話に… ジャパネットタカタのCMを知っている事から椎菜くんが日頃から TV 見てることが発覚! みなみサンからの忠告「掃除機で真空にする布団袋はよく空気を抜いてから!」 そうしないと真空になるまで恐ろしく時間が掛かるんだそうです。 「古いタイプだからかも…」と言っていたけど、通販って買って後悔する物が多いですね。

続きを読む »

1999/05/15

パーマリンク 00:00:00, 著者: Charlie

Body Makes Stream | TWO-MIX

  • TWO-MIX 初の永野椎菜作詞作曲作品、らしい。 スーパーサッカーのテーマということでホイッスルまで吹いちゃうラテン系。 RHYTHM FORMULA 収録の 2002 ver. だと歓声まで聞こえます。
    「ストリーム」ってのは、永野氏お気に入り(?)の某 FM 番組のタイトルからでしょうか?
    A メロの「もう」「そう」のように間を取るところが新鮮。
    「絶『望』」がセツナ・コード。
    その「絶望」って詞がすごく重くて印象に残りました。 「苦しみを越えて頑張る」という TWO-MIX の普遍的なテーマを表す歌詞の中で最近 苦しみの部分がどんどん重くなってきているような気がします。
    another possibility はラテン系の音色を前面に出して、original よりも かなり陽気な作品になっています。

続きを読む »

1999/02/24

パーマリンク 00:00:00, 著者: Charlie

RHYTHMIX / ES-Connexion

  • TWO-MIX となる以前のユニットのアルバムを再 release。
  • '90 前半の邦楽の流行そのもの、みたいな曲調です。 ENDLESS COMMUNICATIONとか DANCE GO AHEADとか RHYTHM REACTIONとかは、イントロだけだと 当時大流行(おおはやり)だったTとMのつく ユニット :P と間違えても不思議はないでしょう。

Index

  1. ENDLESS COMMUNICATION (SF MEGA MIX)
  2. E・L(Endless Love) TIME MACHINE
  3. 50 / 50 '94 (SF EXTENDED MIX)
  4. DANCE GO AHEAD
  5. RHYTHM REACTION (SF HYPER TECHNO MIX)
  6. BEAT OF ENERGY

続きを読む »

1998/06/25

パーマリンク 00:00:00, 著者: Charlie

研究・TWO-MIXの魅力

ち込み J-POP、 ただし荘厳バロック系でもありパステルポップでもあるという、枠に収まらない音楽性を 持ったユニットです。

ンポの早さはもちろん、ビートの刻み方、細かく詰め込まれた装飾音など 非常に「濃い」ので、有線などで流れているとリズムにあわせて無意識に体を 動かしている人も多いようです。

ーケストラヒットで旋律を奏でることが多いのが特徴的です。 初期の BPM シリーズ時代には「生ギターを使わない」ことも大きな特徴でしたが 今では意識的にギターを使い始めたようです。

は女の子を主人公とした恋愛もの、 「頑張って生きていこう」ものなどです。 ドラマは抽象的で、誰もが自分の体験と重ねて共感することができるような感じです。 すべての作詞は TWO-MIX のリーダー・永野椎菜さん(通称「永野氏」)が行なっています。 男性が女性の視点で書くことで、広く共感を受ける詞となっているようです。

面と発音が異なることが多いのも特徴です。 「時代」を「とき」「いま」と読むくらいは よくある話ですが、
  やさしくなれる「純粋さ」=「つよさ」
  あなたがいたから「自然」でいられた=「わたし」
などなど、ほとんどの曲に 1 つ以上あります。

ーカルにハモリが少ない(あるいは音量を抑えてある)のも 特徴といえばそうです。 初期には永野氏がサビにハモリを入れることもあったのですが。

本邦初!!! 国民感情逆ナデ発言 ⇒ TWO-MIX は何故メジャーになり切れないのかッ!

1998/03/24

パーマリンク 23:40:29, 著者: Charlie

JUST COMMUNICATION | TWO-MIX | ShiinaTactix

  • デビュー作。 知人の間では出だしは「バーカ アーホ ボーケ ボーケ」だと囁かれていましたが…。
  • サビや「まなざ『し』」のハモリ具合が心地よいです。

続きを読む »

1998/01/21

パーマリンク 00:00:00, 著者: Charlie

TIME DISTORTION | TWO-MIX

Single version

  • 詞が、そして歌声が「辛い」という感情を直接心に投射します。 オモチャ箱をひっくり返したようないつものTWO-MIXサウンドに比べると すごくシンプルですが、だからこそストレートな感じがあって、個人的には ポイント高い作品です。

EX version

  • Album 収録にあたって細かい音を立たせたMix です。 refrain の出だしに炸裂音(?)が加わり全体にmetalicなイメージ。

Single ver.

  • 生ギターパートと低音を立たせたArrange & Mix。 イントロの張りつめた雰囲気、ギターの疾走感、そして 不安定な大サビ …… 夜を基調とした重厚なイメージを感じる曲に仕上がっています。
    ……にしてもDXって超合金みたいな……永野氏の案かな?

続きを読む »

<< 1 2 3 4 5

11月 2020
 << <   > >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

最近の記事

アーカイブ

検索

XMLフィード

powered by b2evolution