カテゴリ: .bash_history

2015/11/04

パーマリンク 10:27:00, 著者: Charlie

思考は口ほどにものを言い?

あなたの思考は音声?テキスト?それとも…? ~「頭の中のアレクサンドリア大図書館」反応まとめ~ @ Togetter

Charlieの場合、思考のメインは音声。文字は全く出てこない。音声がそのまま口をついて出ていること多々。 あとは映像、図。記憶を振り返るときは静止画が次々に浮かぶ感じ。 音声で画像検索している、みたいな。
「明日の予定」→(場所と人のイメージがわらわら〜)
ってな感じ。ただ、複数人が会話しているシチュエーションでは無いと思う。漫画的な天使と悪魔の葛藤みたいのも経験ない。
そして記憶が画像のようだとはいっても、かなり抽象化、というかタグ付けされていることが多い。色とか、動きとか。

続きを読む »

2014/05/12

パーマリンク 19:00:00, 著者: Charlie

この瞬間、「消しゴム」が日本的なんだと気付かされた

「eraser」でアイコンを検索すると、日本人じゃない人が作ったものは「砂消し」の絵なんだね。


▲ これは砂消しを模したUSBメモリ。

日本人が思い浮かべるイメージは「MONO」をはじめとする消しゴムでしょ。
消しゴム MONO ☜ こんなの

日本では小学校から大学まで鉛筆やシャーペンを使ってノートをとることが一般的だけど、英国では12歳で万年筆らしい(外部リンク参照)。だから消しゴムは英国人には馴染みがないのかも。

外部リンク

2013/09/11

パーマリンク 18:20:00, 著者: Charlie

ProjectLibreでWBSしてみた

OpenProjから派生したProjectLibreをインストールした。
Windowsのインストーラ付はなんだかレジストリの更新に失敗してインストールできず。
tar.gz版だと動いた。Java 6以降に対応。メニューには自分でショートカットを追加。

OpenProjとProjectLibreの名前の関係は、OpenOfficeとLibreOfficeに似ているが、開発コミュニティは関係ないっぽい。

以下気になること。

  • 日本語入力でAltやF7を押すと入力のフォーカスが外れてしまう。Alt+~でIMEをOn/Offするには、Altをもう一回余計に押すか、マウスでフォーカスを戻す必要がある。
  • PDF出力は日本語が出力されない。PDFへ出力するプリンタドライバをインストールして、それを経由すれば日本語も出力できる。
  • 印刷サイズの計算を間違っているようで、プレビューで1枚に収まっているはずなのに実際には右や下がはみ出て2枚目として出力されてしまう。余白を多めにしてもはみ出る挙動は変わらないので手動で縮小するしかない。
  • ガントチャート表示に切り替えるときに時間がかかることがある。
    そこそこリンクや開始条件のあるプロジェクト(67項目)を編集して、ガントチャート以外のビューからガントチャートに切り替えるときに数十秒単位で待たされた。

関連記事

2013/09/04

パーマリンク 23:44:00, 著者: Charlie

「今日は授業の前に雪投げです」(雪合戦の事ではありません)

日頃技術文書を書いていると、ネットの情報を見る時にも意味が曖昧になりそうな表現とか誤用がついつい気になってしまう。

たとえば「何が起こるかどうか」「いつ始まるかどうか」「どこに表示されるかどうか」。 英語に訳そうとすれば、疑問はwhat (when, where)なのかwhetherなのかよく分からなくなる。多分「どうか」が余計なんだよね。テンポがよいから挟んでしまうのだろうか。

それから「前の車を抜かす」。

続きを読む »

2013/06/09

パーマリンク 23:49:00, 著者: Charlie

Linuxの面倒だと思うとこ

情報が少ない

ネットで調べても同じ境遇の人の絶対数が少ないので情報が見つけられない。 悩みどころは同じでも、OSのディストリビューションの違い、バージョンの違い、カスタマイズの違いなどで応用できる情報ではなかったり。

Windowsで、XPの『アプリケーションの追加と削除』が「プログラムのアンインストール」とか「プログラムの追加と削除」に変わっているようなもんですが、Linuxではディストロのバージョンアップの際に同種機能の別プログラムに置き換わったりするので混乱の度合いが大きい。lilo→grubとか。

日本人特有の問題として、英語の情報が苦手(その人にとっては情報が無いのも同然)ということもある。

同じことをする手段がいろいろありすぎる

ある目的に対して手段が複数用意されている。しかも「標準」の一つを覚えれば事が足りるというのではなくて、特定の環境で使えるのは一種類だけだったりするので結局二つ三つと覚えないといけなくなる。

例えば、「管理者権限で/etc/***.confを編集する」という時のお作法はいろいろある。 これまで経験しただけでも以下のようにいろいろ。

  • suでrootのパスワードを入力する
  • suで現在のアカウントのパスワードを入力してrootの別名アカウントになる
  • sudoで現在のアカウントのパスワードを入力する
  • ssh-agentに鍵を登録しておき、sudoする

どの方法が有効かはディストリビューションではなくサーバ毎のポリシー依存だから、結局全部のお作法を覚えていかないといけない。

ディストロパッケージという平和な世界は儚く脆い

OSディストリビューションのパッケージとして提供されていないプログラムを使いたい時に、ソースからビルドするとき。 configureに、ライブラリが古いと言われたがディストロパッケージでは新しいバージョンが提供されていない。 するとソースからビルドした新しいライブラリを入れることになるのだが、ディストロパッケージ由来のを削除しようとしても、依存している他のパッケージがインストールされていると警告が出て削除できない。

例えば以下のようなやり方が考えられる。
1だと、後からディストロパッケージをインストールしようとして競合するおそれがあるのでかなり危険。
2, 3は知識と手間をかなり要する。

いずれの手段をとっても、ディストリビューションの提供する世界から一歩外に出ようとすると、途端に地獄が待っているということ。

  1. 依存関係を無視させてライブラリのパッケージを削除
    →ソースからbuild & install→プログラムをbuild & install
  2. prefixをつけてライブラリをconfigure & build & install
    →ライブラリ、ヘッダのサーチパスをカスタマイズしてプログラムをconfigure & build & install
  3. プログラム専用の仮想環境を作って、新しいバージョンのライブラリを提供しているディストリビューション(Fedoraとか?)を入れる

Depndency hellはWindows OSにおいてわざわざDLL hellという固有名詞(?)が与えられていてWindowsの問題として覚えられがちだが、今となってはLinuxの方が深刻なのではないかと思う。
GTK+とpangoのように開発グループが分かれているようなのだと、特定の組合せしか考慮していないアプリが結構ある。

まとめ: 敷居を上げちゃうような多様性が問題では

カスタマイズや組合せの自由ばかり増えても、トータルで使いこなせないものになっては意味がない。一人の人間が理解して制御できる世界なんて限られているのだから。

複雑さを増さずに機能を追加する方法はUI/UXの分野で研究されているんだけども、なんだか範囲限定でしかトータルのバランスがとれていない気がして惜しい。例えば特定のアプリケーションがOSやウィンドウマネージャのL&Fを無視した独自UIを提供するとか。

あと、既存のエクスペリエンスを体験してきたユーザが違和感なく新しいエクスペリエンスに馴染めるようにする工夫がもっとほしい。

Tags: linux

2012/01/07

パーマリンク 18:36:19, 著者: Charlie

汚部屋から「モノが多い」部屋へのダイエットを頑張りたい、が……

1年前
業務用の書類、例えば契約書とか領収書はときめかなくても捨てられない。 漫画や小説や映画やアニメや音楽はCharlie的には飽きることがないので、いつでもときめいてしまうし(そしてこれが部屋の半分くらいを占めている)。
と書いた。コレクターはどうしたらよいか、まとめてある記事を見つけた。
コレクターにとっての部屋には「状態」があって、そのステータスは3種類あるのだ。
  1. 汚い:ゴミがある状態
  2. 乱雑:モノが定位置に無い状態
  3. モノが多い:コレクターにとっての片付けられた状態
コレクターの「部屋の片付け術」は、視点が違う @ Caq’s Blog

つまり、同じ体重でも「脂肪の多いブクブク状態」と「均整のとれた筋肉の美!」を一緒にしてはいけない、ということですね。

非常によくまとまっていると感心した。論の整理が上手だということは、おそらく片付けも上手くいっているに違いない。それに比べてうちは…

  • ゴミを捨てたいが紙リサイクルの日に雨が降っていたり、不燃ゴミは2週に一度だったりで、その間に溢れることが。
    これを解決するには24時間ゴミ出しokな建物に引っ越すくらいしか思いつかないが、片付かないと引っ越せないので実現困難。
  • 「定位置」を定めようにも絶対的に容量が不足してきている。 近く(歩いて10分の距離)にトランクルームを借りたが、持ち運びが容易なDVD BOXとか季節ものの衣類が少々動いただけで、書籍類は滞ったまま。
    自炊が鍵になるのだが、前に書いた通り、オートシートフィードスキャンは嫌なので進んでいない。
    (パラメータ調整にこだわる悪い癖はエンコも同様)
    書籍の電子流通化は全然期待できないし、困った困った。

2011/09/28

パーマリンク 11:16:04, 著者: Charlie

90台から30台に劇的ダイエット成功! すぐに目に見える効果が!

Firefox 6.0.2→7.0 でメモリ使用量がどのくらい削減されたかの記録。Linux。

6.0.2使用中...約1.6GiB (buffers, cachedを除いた分)

再起動中...約0.7GiB

7.0...約1.0GiB

未表示タブの遅延読み込みを設定しているので、再起動後のほうがもともと少なくなるのは仕方ないとして、それでも6.0.2の時はだいたい1.5GiB以上はあった。Fxの使用量だけをみると、

  • 6.0.2が0.8〜0.9GiB
  • 7.0が0.3GiB

だから6, 7割分のスリムアップに成功したということになる。これは凄い!

2011/05/03

パーマリンク 23:57:00, 著者: Charlie

「危ない!」よりも「走れ!」と警告すべし

昔、テレビでそう言ってた。 動作を叫ぶとほんの少し速く反応できるらしい。 それに頭上や後ろから危険が迫っている時に「危ない!」と言われても頭を抱えてしゃがんでしまうかもしれないし、振り向いてお終いかもしれないし。
情報伝達では、送り手の上手下手の影響がとても大きいと思う。

先日会社で実際にあったやりとり。

ある日、私が会社の中で「業務で使いたいので、この◯◯っていうスマートフォンが発売になったら会社のを1つ機種変したいと思ってます。店頭に行ったらまだモックも出てなかったし、発売予定日も確定していないみたいでした。またそのうち見てきます。」と言っていたら、1週間くらいして会社のAが「予約してきました」と。私名義で契約しているガラケー(フィーチャーフォン)からの機種変なのに、予約の紙に書いてある氏名は彼のだったので大丈夫かと確認したら、交換の時に本人が確認できればよいとのこと。
ここまではスムーズだったのだが、それから1か月たったある日のメールのやりとりが、なんともまどろっこしいものになってしまった。

A「大変です!! ◯◯が発売中になってます。いかがいたしますか?」
私「緊急性のあるものではないので(予約先から)連絡が来るのを待つのでいいんじゃないですか」
A「予約はしていますが連絡は来ません。自分で発売を確認してお店に行くという予約内容でした。3日以内にお店に行かないと無効になるとのことです。現状は、予約していない状況です。
私「それは予約なのか…。ダメ元で今日行ってみてみてください。 在庫があるかどうかの確認だけでも。 電話で確認できるならそれでもよいです。」
そのすぐ後、対面で。
A「既に電話で確認してあります。在庫は結構あるそうです。」
私「…それじゃ機種変に行ってきます。」

まず最初のメールの題名が「大変です!!」だったので「開封しないと何のことか分からないメール」である点がNG。
また「発売されてます。どうしますか?」ではAが焦る理由が伝わらない。 「発売3日以内に取りにいかなかったので予約が無効になっていた。注文し直しで待たされるかもしれない」ということを説明してほしかった。
さらに「在庫がある」ということを確認してあるなら、私が尋ねる前に伝えてほしかった。
伝達内容が最適化できていれば
A「予約が無効になった。待たされるかも」
私「在庫を確認して」
A「在庫はある」
私「店に行く」
の4回のやりとりで済むはずのところを、とにかく伝えようと最初のメールが情報不足になってしまったため、6回になってしまった。1/3の無駄が生じたことになる。 (もっと最適化してAが最初のメールで「在庫を確認してみる」と言ってくれれば、
A「予約が無効になった。待たされるかも。在庫を確認してみる」
A「在庫はある」
私「店に行く」
と私からは1回だけで済むから、これを基準にすると半分が無駄だったことになるし、Aが「発売日を自分で確認して3日以内に取りにいく」必要性に気付いたんだったら、発売日のチェックをシステマチックに行うための方策をたてるべきだった(うちは登記上「情報システム開発業」を営む会社ってことになってるんだし)。そうして発売日に気付いていればハプニングも起きなかったので、何重にも下手をうってしまったことになる)

システム的に解決することを考える話は別の機会にとっておいて、ここでは説明がうまくいかなかったことについての考察を。

続きを読む »

2011/03/17

パーマリンク 18:49:42, 著者: Charlie

発電量が不足するといきなり停電になるのは何故か

送電技術 停電はなぜ起こるのか @ 原子力超入門

「電灯が暗くなるとかモーターの回転が弱くなるのではなく、いきなり停電しちゃうのはなぜ?」という素朴な疑問への回答。キーワードは「脱調」。「脱腸」ではないです。

2011/02/28

パーマリンク 10:25:00, 著者: Charlie

貧乏暇なし隙間無し

片づけってこういうことだったのか!片づけ不要の部屋を作る6つのポイント @ ライフハックブログKo's Style

うちが片付かない原因と対策が列挙されているわけだが、なんか一つも実践できそうにないぞ。だから片付かないわけで……。

続きを読む »

1 2 3 4 5 6 >>

8月 2017
 << <   > >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

リンク

  • rico [PV改善,サイト内SEO,ブログパーツ]
  • ブログ之ネタ [ブロガー御用達ポータル]
  • エンジニア募集中 [Perl, PHP, JavaScript][SOHO, アルバイト可]
  • glucose2 - ブログをたくさん読むならRSSリーダー
  • ありくい - ブログが手軽に書けます。ボタン一つでコンテンツマッチ・アフィリエイトが挿入できるブログツール「どこでもありくい」も提供中。

最近の記事

アーカイブ

検索

XMLフィード

multiblog