カテゴリ: ぶくま殿, Web屋さん向け, リーダー向け, 営業人向け, 貧乏暇無しの人向け

2009/08/21

パーマリンク 10:08:08, 著者: Charlie

度が過ぎるとダメなもの - 健康食品から画像の圧縮まで

平安時代にもお話があるように、健康によいとされる食品でも量が過ぎれば害になる。 カルシウムだって過剰摂取は他のミネラルとのバランスが崩れて体を壊す原因になるし、ポリフェノールが良いからと毎晩ワインを何本もあけたらアル中になってしまう。

合理的な非合理性 @ /.-J

食品に限らず、0か1の極論はたいていどちらもNGなんだけれど、話として分かり易いから納得してしまうことも出てくる。

このコメントに対する はてブに「思考の省エネ」という言葉が出てくる。この言葉は、いい意味に使われることもある。正しい結論に達するなら省エネは「よいこと」だけど、手間を省きすぎると間違った結論にたどり着くようになるので、それはダメというお話。

画像圧縮がそんな感じ。
JPEGで品質80くらいなら、ファイルサイズがBMPの数割にまで小さくできる。これはいい省エネ。
ところが品質20まで圧縮しちゃうと、何が何だか分からない、全面モザイクの画像になってしまう。いくらファイルサイズが30分の1になっても、用をなさないのでダメ。

この話をややこしくするのが、一見定量的に見えるけど本質的でない尺度がある場合。画像圧縮だと、PSNRとかSSIMといった数値で元画像からの変化を表現できる。だけども同じ数値でも見た目に劣化の度合が違うことはざらにある。
最終的には人間の感覚が頼りなんて科学者的には癪かもしれないけど、エンジニアリング的には大いにアリなのですよ。

2009/08/18

パーマリンク 19:25:42, 著者: Charlie

採用面接において応募者の真の力を見極めるための質問10+選 - IT業界を生き抜く秘密10箇条 @ ZDNet Japan

抽象的な表現になっているものが結構あるので、現場では何か具体的なシチュエーションを設定して質問するのがよいかと思った。

2009/08/01

2009/07/29

パーマリンク 01:15:46, 著者: Charlie

「20代女性、年収700万以上のマスメディアの人と六本木」という条件でお店を探せる「サグルメ」

一緒にいく人のスペックから店が探せる「サグルメ」をオープンしました @ ロケスタ社長日記
Hotpepperなどのサイトの訪問者を、年代、性別、年収、 業種で分類しておいて、どのカテゴリの人がどのお店を見たかを表示するサービス。
確かに、和食か洋食かなんて選ぶケースより、面子に合ったお店を探すユースケースの方が多そうなので、良いんではないかと思う。
Hotpepperに元々ある検索属性のうち「目的」くらいは残してもらえるともっと便利かも。
パーマリンク 00:56:17, 著者: Charlie

全部実践できればアルファブロガーも夢じゃない!? 「初心者のためのブログアクセスアップアドバイス」

初心者のためのブログアクセスアップアドバイス @ Geekなぺーじ
各章のタイトルだけ並べたら、いい感じにチートシートっぽくまとまっていた。

1. アクセスアップって何したいの?
2. 小手先の技よりもコンテンツ
 2.1. 読者を楽しませると同時に、著者も楽しむ
 2.2. PVが大きいコンテンツが良いコンテンツというわけではない
 2.3. パターンがある
 2.4. 役に立つ、共感、反感、ニュース
3. 記事の作り方
 3.1. あなたがコンテンツ
 3.2. メモ帳を持ち歩こう
4. 各記事の構成
 4.1. 流れ、まとめ(オチ)はありますか?
 4.2. 段落を活用して読みやすく
 4.3. 読者視点ですか?
 4.4. 省略し過ぎじゃないですか?
 4.5. 方法だけで「何故」が抜けていませんか?
5. ブログ全体の体裁
 5.1. ブログ名は重要
 5.2. 自信がある過去記事を前面に出そう
 5.3. プロフィールを書こう
6. 注意すべき点
 6.1. 身を削るコンテンツ作りは破滅の元
 6.2. 下手にプライバシを垂れ流さない
 6.3. 無意識に誰かを殴っていませんか?
 6.4. 公開前に読み直していますか?
7. 焦ってはいけない
 7.1. 渋谷の交差点の真ん中で叫んでいる気持ちで
 7.2. 一時的なトラフィックの爆発で舞い上がらない
 7.3. 更新頻度は重要ではない
8. その他色々
 8.1. あなたの立場はどういう立場?
 8.2. 情報を公開するタイミング
 8.3. フィードバックを大切に
 8.4. 大手ニュースサイトなどに紹介されるのが近道
 8.5. SEOは、程々に

あと9章があるのですが、Bonus Track♥なので本文未読の人はそちらで確認すべし。

2009/06/25

パーマリンク 01:29:32, 著者: Charlie

ノートパソコンのACアダプタは不要に、富士通が新型トランジスタを開発 @ GIGAZINE

『コイルや変圧器の小型化が可能になることから、ノートパソコンなどのACアダプタが10分の1程度に小型化できるとしており、以下のリンクによるとノートパソコン本体に電源装置を内蔵することで、ACアダプタが不要になる』
電源ケーブルは残るということね。

2009/06/24

パーマリンク 10:55:51, 著者: Charlie

同じ事を続けるのは誰だって苦手 - やる気を維持するには?

凌辱ゲーム以外も規制されるって話ですわよ、奥さん。 @ 脳髄にアイスピック

(引用元の本論と関係の無いつぶやきですみません)

「この国の人間はさ、怒り続けたり、反対し続けるのが苦手なんだ」
怒り・反対だけでなくモチベーションを維持するのは案外難しいことだと思う。

例えばシステム作り。まがりなりに動くようになって道半ば。そこからバグ出しという地道な作業が始まるんだけれども、動くところをみてしまうとモチベーションが飛んでしまう。

あるいはサービス運営。公開はスタート地点。そこから知名度を上げたり、サービスの質を向上する地道な作業が始まるんだけれども、ご苦労さん会をやってしまうと緊張感が解けてしまう。

『もういいじゃないか、そのお祭りはすでにやったじゃないか』

とならないためには、お祭りの刺激をどんどん大きくしないといけない。
ドラゴンボール状態。現実には無理がある。

代替案としては、一人の人が同じ祭にずっと参加してると飽きやすいだろうということで、担当するプロジェクトなり作業をとっ変える。名付けて別腹効果。これの難点は、複数のプロジェクト/作業が都合よく同じ時期にマイルストンを迎えないという点。
機械的に固定周期でマイルストンを打って、その中で成果を明確にすればokかな。つまり各種のアジャイルな開発手法で行われているような、細かくイテレーションを切って、達成したらお菓子をgetして、ペアプロのドライバとナビゲータを交替する、というのはシステム作りにおける別腹作戦なのだ。

プログラミング以外の工程だとペアプロに相当する別のものを工夫しないといけないね。
それに関してはまた別の機会に考えたい。

2009/06/17

パーマリンク 23:56:56, 著者: Charlie

PHPではa==b, b==cでもc!=aなことがある

PHPの比較の素晴らしさ加減は正常 @ はてな匿名ダイアリー
  • PHPの「==」は数値比較なので、文字列は数値に変換されてから比較される。
  • PHPの「文字列→数値」の暗黙の変換は、文字列が0xで始まると、intval($str, 16)、つまり16進数として変換してくれる。
  • intval($str, 16)は、文字列の途中で変換できなくても文句を言わず、部分文字列を数値に変換する。なので、"0xax" == 10。
  • ただし、0で始まる文字列を8進数として変換してはくれない。

1と2は仕様と言われれば個人的には受け入れられる。
3あたりからチト厳しい。せめてlintで警告が欲しい。「===」と書いたつもりが「==」だった、というケアレスミス対策に。
4は対称性が崩れる分、覚える事が増えて面倒だ。暗黙の型変換がこういう仕様だというなら、それを明示的にやる関数 / 演算子があった方がよいと思う(既にあるのなら、教えてくださいPHPのえろい人)。

ちなみに、追加で確認してみたら

"hoge" == true かつ "hoge" == 0 かつ true != 0

だったので、「==」は数値比較演算子というよりも、自動的に型変換する演算子(かつ、CやJavaとは型変換の規則が異なる)として覚えた方が正確なのではないか。

追記

http://anond.hatelabo.jp/20090617164618のコード、

if (strcmp("0x0A", "10") == 0) {

でないと、チュッされちゃうのでは……。 strcmpは等しい時に0を返すので。

2009/06/06

パーマリンク 16:29:43, 著者: Charlie

自分の考えたアイデアを内緒にしたがるひと @ はてなポイント3万を使い切るまで死なない日記
言い出しっぺの承認欲求が満たされないから、他人と協力して成功する(他人の手柄になる)よりも、独りで失敗する or アイディアを葬るという選択肢(自分のアイディアで他人が手柄をあげない)を選ぶのではないかと思う。

そこまで行かなくても、アイディアを人に話すと馬鹿にされそうで恥ずかしいとか、自分で「取るに足らない」と思い込むとか。

チームで成功したかったらアイディアを出す行為の価値を認めていくことが大切だと思う。アイディアの内容を褒めるんでなくて、アイディアを他人と共有すること自体をポジティブに思えるように。
努力と根性が目に見える行為はたとえすぐに良い結果が出なくても労われるのに、アイディア出しは「お疲れ様」と言ってもらえないというのでは、フラストレーションも溜るというもの。ブレストなら進行役が小さな発言でも復唱するとか、ボードに書くとか。部下が上司に提案してきたシチュエーションなら、上司は自分の感想を一方的に吐いて終わりにするんではなく、自分の考えと違っている原因を一緒に探ってみるとか。結論を一致させるためでなく、思考の背景を共有する目的で。

2009/06/02

パーマリンク 11:08:55, 著者: Charlie

あなたにもできる!?身体能力を一時的に高めるためのテクニック集 @ IDEA*IDEA

「しゃっくりを止める」とかは「身体能力向上」のカテゴリなのかどうか怪しいけれど、どれも日常的に役立ちそう。伊東家の食卓?

<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 >>

1月 2019
 << <   > >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

リンク

  • rico [PV改善,サイト内SEO,ブログパーツ]
  • ブログ之ネタ [ブロガー御用達ポータル]
  • エンジニア募集中 [Perl, PHP, JavaScript][SOHO, アルバイト可]
  • glucose2 - ブログをたくさん読むならRSSリーダー
  • ありくい - ブログが手軽に書けます。ボタン一つでコンテンツマッチ・アフィリエイトが挿入できるブログツール「どこでもありくい」も提供中。

最近の記事

アーカイブ

検索

XMLフィード

powered by b2evolution